日本瓦は天然の断熱材になりますか?

家づくりにおいて、断熱性を考えることは、健康的に暮すための必須条件です。断熱対策をしていない家で暮せば、夏は暑いし、冬は寒いという結果になってしまいます。そういう家に住んだことがありました。

建売住宅で新築でしたが、屋根は鋼鉄製でペンキが塗ってあるだけ。
南向きだったので、夏の暑いことといったら若かったから耐えられたようなものでした。
冬も寒かったのでしょうが、ガスストーブをたいてコタツで過ごしていたので余り痛切に感じませんでした。けれど、光熱費としては断熱対策をしている家との差は、大いにあったことでしょう。断熱性を高めるということは、結局はエネルギー効率の節約になるということなのでしょう。

現在、中古住宅を購入し住んでいるのですが、日本瓦の古い家で、特に断熱対策をしているようには思えませんが、比較的夏は涼しいと感じます。

それは、屋根が日本瓦だということにあるのではないかと思われます。日本瓦が適当に断熱してくれているのでしょう。あとは、木々が多くそれを放置しているので、森のごとく繁茂し、この木々が断熱効果をもたらしてくれているような気がします。

ただ、築年数の経過した日本家屋で、最近の住宅に比べると開口部もとても広く、夏は開放的で涼しく家の中を風が通り抜ける構造になっていて気持ちよく過ごせるのですが、なんと言っても冬は寒いのです。
底冷えのする室内にずっと悩まされ続けてきました。

とくに窓からひたひたと入り込んでくるような冷気は家の中全体に広がるようで、せっかく暖房で暖めた空気も窓から逃げ出していくように感じられました。
暖房もつけっぱなしになり、それも各部屋全部なので、光熱費も馬鹿になりませんでした

これまでも何度か水周りの修理や床の張替えなどのリフォームは繰り返してきたのですが、今回家の断熱性を高めるために窓リフォームをすることになりました。

選んだのは副層ガラスの窓で、ガラス部分が二枚になっており、ガラスとガラスの間に空気の層があって断熱性に優れているというもので、実際に工事が終わってみてその性能の高さに驚かされました。

冬の寒い時期には結露でびっしょりだった窓が全く結露が起こらないのです。

窓から侵入する冷気も抑えられるようになったので、底冷えのする室内に悩まずにすむようになりました。

<特別サポート>健康マニアによる無病ライフ|お家の見直ししま専科|女性向けエステ.com|マッサージのリアル口コミ.com|マッサージのリアル口コミ.com|超SEO対策|内職|ページランク|ページランク ランキング|サイドビジネス|FXシストレ|英語上達の秘訣|内職 アルバイト|家計見直しクラブ|GetMoney|英語上達の秘訣|