びっくりした家

びっくりしてしまった家があります。
高校時代に、同級生の家に友達と遊びに行きました。一緒に行った友達は、その子の家に行くのは初めてではなかったので、私にあることを言ってきました。
「とにかく彼女の家に行ってみたらわかると思うけど、すごいよ」というのです。
一体何がすごいのだろうと思って友達の家へ向かいました。

インターホンを鳴らすとすぐに友達が玄関から出てきてくれ、私達を迎えてくれました。
そして、玄関に1歩入った時点で本当に「すごい」光景を目の当たりにしました。
何がすごいのかというと、とにかくその家には物が多すぎて収納スペースにすら入りきらなくなっているので、階段にもいろんなものが積み重なっていて、玄関にもいろんなものが置かれていますから、ほとんど歩くスペースが無いのです。

私は物をもつのが好きではないので、常に最小限の物しか持っていません。ですから、そんな光景を見て、何でそうなるのか不思議でたまりませんでした。