分譲マンションを売って一戸建ての新築

私は以前、千葉県の分譲マンションの10階で暮らしていました。玄関の鍵をかけるだけで戸締りが完了する便利な高層マンションでしたが、歳を取ると地面が恋しくなり、土地の安い栃木県の田舎に家を建てる事にしました。家の中の設計に関しては、一番長く居るであろう妻に任せて、私は、外構工事を担当しました。一番最後になる、外構工事が一番大切なのです。ウッドデッキや駐輪場・駐車場・花壇・バーベキュー用かまど等の位置を決めないと敷地内のどの部分に家を建てるかが決まらないのです。私は、電気工事監督の経験があったため、電気設備の設計もしました。電気設備で一番大切な事は、スイッチやコンセントが家具の裏になって使えなくならないようにする事です。そのため、家に入れる家具を決めて寸法を測っておいて、出来上がった家の平面図に総ての家具を書き込んでから(炊飯器・電子レンジ・テレビ・電話・エアコンの位置も考慮する事)スイッチ・コンセントモジラージャックの位置を決めるのです。